『Gの洗礼』を大転換!

作曲はクワモトさん―「ベーシックマガジンのテーマ」

【名機PC-6001のサウンドが楽しめる「ベーシックマガジンのテーマ」】
在りし日の8ビット・パソコンNEC PC-6001でプログラミングした「ベーシックマガジンのテーマ」をアップ。無料配信しています。

ホームページには、詳しくこの曲をアップした“経緯”について書いています。プログラムを打ち込んで保存しておいたのは小学生の時。10年以上経ってからそれを懐かしく思い出してロードし、デジタル録音したのは1997年頃のこと。この頃、既に私は20代でしたが、いっさい曲名以外の情報を忘れてしまっており、作曲者は誰なのか、その雑誌の何年何月号に掲載されていたプログラムなのかさえまったく憶えておらず、今回この曲をアップするまで、不明なままでした。
ところが、この曲をアップしたところ、ツイッターにて数名の方々から詳しい情報をいただきました。そうしてこれまで不明だったことがほとんど明らかとなり、私自身とても驚いています。情報を提供していただいた方々には、深くお礼申し上げます。

§

【プログラムが掲載されていた『マイコンBASIC Magazine』1983年10月号】
本当に長い間、私の中では謎のままであったことがすっかり解けて、目から鱗が落ちたわけです。まず雑誌について先に申し上げると、『マイコンBASIC Magazine』(電波新聞社)の“1983年10月号”だということが判明しました。そして作曲者は桑本伸広さん(当時なんと18歳?!)だということも分かり、掲載されていたページというのは、企画連載モノの“津久井ひろしのComputer Soundコーナー”で、3ページにわたり、「ベーシックマガジンのテーマ」について解説してありました。

実は私、さっそくこの号の現物を入手することができました。稀少なこの号をいま入手できたのはかなりラッキーだったと思っています。そうして確かに、「ベーシックマガジンのテーマ」はこのページに記載してあるプログラムを打ち込んだものであった――ことを確認し、あらためて懐かしい思いが込み上げてきました。私はあの頃(小学5年生)、この本を買って読み、この曲のプログラムを打ち込んだのでした。
ちなみに、作曲者兼プログラマーの桑本さんはこの曲のタイトルを「BASIC MAGAZINのテーマ」としていたことが分かりました。ですが、今回の曲のプロデュースに関しては、曲名変更の混乱を避けるため、敢えてこれまでどおり「ベーシックマガジンのテーマ」のままとさせていただきます。

【「津久井ひろしのComputer Soundコーナー」のページ】
8ビット・パソコンPC-6001のベーシック言語(N60-BASIC)で構成された「ベーシックマガジンのテーマ」のプログラムは、それほど複雑なものではありません。むしろびっくりするくらいシンプルなのです。曲のパートは3つ。キーボード(メロディ)の演奏、ベース演奏、ドラム演奏。
曲を聴くと、ドラム(リズム)のパートはノイズっぽくなっており、桑本さんはこのドラムのパートにはシンバルの音も入れて…と見立てたようです。“津久井ひろしのComputer Soundコーナー”では、このドラム演奏のプログラミングについて、文字数を大幅に取り解説していました。

【「PSGのしくみ」と「ドラム演奏法」の解説もあり】
その内容を簡単に要約するのはなかなか難しいのですが、PC-6001のPSGは、GIのAY-3-8910であり、矩形波3系統、ホワイトノイズ1系統です。サウンドは8オクターブで3重和音が可能(上画像にある「《第1図》PSGのしくみ」を参考に!)。
3つめのパートであるドラム演奏は、ホワイトノイズすなわちノイズ・ジェネレータ(NG)を使用しています。したがって、3つめの矩形波のオシレータをOFFにし、NGをONにして音を出す命令が必要です。音楽を奏でるベーシック言語の命令文には、“PLAY”と“SOUND”というのがあり、メロディを打ち込むには前者を、ドラム演奏でNGを使うには、後者を用いてプログラミングします。

“SOUND”の命令文は、“SOUND r,d”という形式でプログラミングします。
各レジスタ(0~15)にデータの値(0~255)を代入するという仕組みです。レジスタ7はいわゆるミキサーの役割を果たします。先に述べた矩形波のオシレータをOFFにしてホワイトノイズ(ちなみにNGのレジスタは6、データ値は0~63)を“PLAY”で演奏できるように割り当てる設定の命令文が、このプログラムの最初の方にあります。

【これが「ベーシックマガジンのテーマ」のプログラム】
プログラム全体を見ると、A$、A3$~A5$がメロディ演奏、F1$~F3$がベース演奏、C$とC1$がドラム演奏となっているかと思われ、サブルーチンの構成をまったく用いず、素直にメロディやベースラインのフレーズを各々の文字変数に代入し、“PLAY”文を音楽形式に沿って組み立てているシンプルなもので、これだけの短いプログラムであの演奏になるとは、感心してしまいます(しかも18歳でつくった!)。

今回はレコーディングからマスタリングまでの行程についての解説を省きます。が、例えばレトロな8ビット・パソコンでベーシックなパートをコンポーズし、それを鳴らして録って、DAWで今風のコンポーズの続きをやる、というのも面白いかも。Cubaseで曲を作り上げていくのとはまったく違う方法論のストラクチャーになるわけですが、かつてのBASIC言語による“自動演奏”は捨てたものではない――と思うのです。

皆さん、どうでしょうか。PC-6001による「ベーシックマガジンのテーマ」のテクノなミュージックをじっくりとお楽しみ下さい。

コメント