ケメンチェのメロディ―「郷愁と彼方の非線形」

【Pro Toolsでミキシングされた7パート】
公開しているシングル「郷愁と彼方の非線形」のレコーディングとミキシングについて解説します。 

前回の「『郷愁と彼方の非線形』―TR-08を使ったリズム」で書いたとおり、この曲はRoland TR-08で打ち込んだリズムにYAMAHA MOXF6シンセサイザーの音色6パートを加えた計7パートによる6分弱のインストゥルメンタルで、この曲の印象的なメロディ・ラインとなっているパート“Kemence”とそれに付加された残響によって美麗に仕上げたものです。少し東洋的な雰囲気があるのは、まさに私が入手した貴重なガラス乾板に刻印されていた、被写体の人物のモチーフがそのまま投影されたからと言っていいでしょう。

【ミキシングで使用したCLA MixHub】
基礎となるTR-08のリズムに対し、ドローン的なパートをいくつかダビング。その後、メロディを付けようということで、MOXF6のプリセット音色の“Kemence”を選び、即興的にメロディを演奏したわけですが、後で調べてみると、“Kemence”とは、西アジアのトルコなどに伝わる民族楽器のケメンチェのこと。
実際にはもっと低いオクターブで弾く擦弦楽器です。が、どこの民族楽器であるかも関係なく、かまわずこの音色を選び、すぐさまレコーディングに取り掛かった次第なので、黒海や地中海に面した国々が共有する優雅な民族楽器=ケメンチェの音色を使ったと意識したものではありません。したがって今回の場合、ケメンチェによるメロディ――と言うには多少引け目があり、後付けの理屈ということになります。しかし、その伸びやかな音色=ケメンチェが、このメロディ・ラインに見事に合っているということは、確かに言えると思います。

§

【メロディにダブリング効果を与えたReel ADT】
さて今回のミキシングではちょっと実験的に、WavesのプラグインCLA MixHubを使ってみました。もうこれはどう見ても、アナログ・コンソールのSSL 4000Eであると断言してしまって構わないチャンネル・ストリップです。
本来の用途としては、あくまでミックスハブなので、複数のパートを一面で処理するためのプラグインであり、そういう使い方をするべきなのですが、今回はプラグインの音質をチェックする実験的試みとして、それぞれのパートにこのCLA MixHubを挿しました。普段私はUADのチャンネル・ストリップを使って掛け録りをすることが多いので、ミキシングでは整音の範囲でコンプやEQを使います。
実際、TR-08のハイハットの高域がやや耳に痛いと感じ、超高域をフィルターでカットするのにCLA MixHubのEQでいじりました。多くのトラックを扱う場合には、このチャンネル・ストリップはたいへん便利で高効率だと思います。

【メロディに付加したAbbey Road Plates】
“Kemence”のパートは、WavesのReel ADTを使って微妙に揺らしています。ただしMONO処理をしているので、ほとんどダブリング効果に近いと思います。あまりこうしたメロディを面白がってモジュレーション的にワイドに広げてしまうと、全体の音像のバランスを考えた時、破廉恥な広がり感になってしまうのです。その破廉恥さは、古風なガラス乾板のモチーフ及び東洋的なメロディ・ラインにそぐわないと直感で判断しました。

その代わり、Wavesのリバーブ・プラグインAbbey Road Platesにバス送りし、たっぷりとEMT 140独特の残響を付加しているので、モノフォニーの良さがかえって引き立っているのではないかと思います。それでは「郷愁と彼方の非線形」をお聴き下さい。

コメント