『Gの洗礼』を大転換!

「Eternal」のサウンドディテール

アプリ[Bloom]で制作した「Eternal」公開中です。

TASCAM PORTA STUDIO 424MKII
[Bloom]で即興演奏されたサウンドは、まずアナログMTRの「TASCAM PORTA STUDIO 424MKII」でカセットテープに2chで録られました。dbxノイズリダクションをON、テープスピードは9.5cm/secです。カセットテープはTDKのDJ-2(ハイポジ)を使用。

この2chのアウトをリバーブマシーンの「SONY MU-R201」に直接入力。リバーブのプリセットは“PLATE”です。ここで[Bloom]のサウンドに濃厚な残響を付加します。

あとはPro Toolsに32bit浮動小数点/96kHzでレコーディング。ここからのミキシングとマスタリングについては割愛します。

TDK DJ-2 ハイポジション・カセットテープ
先々月に入手したばかりの424ですが、これがなかなか悪くない。MTRのアンプ部とテープの特性が加味され、ピークに微妙な歪みが加わり、適度に低域が抑えられています。

ただ、dbxノイズリダクションは、このようなサウンドに対してはほとんど問題ないのですが、サステインの短いサウンドの場合には、プツプツとノイズが入ってしまいます。これはdbxのエキスパンジョンの効果によるもので、ドラムやパーカッションをパート毎に録ると顕著になります。dbxはノイズリダクションの効果自体は優れているものの、デメリットも結構大きいのです。

SONY MU-R201(中央)
MU-R201のリバーブサウンド(PLATEリバーブ)はもう文句の言いようがない。「Eternal」を聴くと、わずかにヒスノイズが聴こえますが、これはテープのヒスノイズではなく、MU-R201からのノイズ。確かに今のプラグインリバーブと比較すると、S/Nは悪いものの、SONYが天下を取っていた時代のこのデジタル・リバーブサウンドは郷愁すら感じます。MU-R201が壊れてしまったら、二度と聴けなくなるので、そういう意味でも今回敢えて使用しました。


コメント